ローザンヌのガイドブック

LAUSANNE
基礎自治体
Gemeinde/Commune/Comune
ローザンヌ
Lausanne
所属州
Kanton/Canton/Cantone
ヴォー州
Canton Vaud
郵便番号
Postleitzahl/Code postal/Codice Postale
1000-1018
標高
Höhe/Altitude/Altitudine
495m
人口
Einwohner/Population/Abitanti
135,700人(2015年)
行政ウェブサイト www.lausanne.ch

ローザンヌは対岸にフランスのアルプスが迫るレマン湖沿いの丘陵地帯にある静かな街で、ヴォー州の州都でもあります。

上質のスイスワインの産地として知られ、街の東側からブドウ畑の延々と続く一帯は「ラヴォーのブドウ段々畑」として2007年に世界遺産に登録されました。

スイスにおける学問や芸術の中心地でもあり、世界的に有名なローザンヌ国際バレエコンクール(Prix de Lausanne)の開催や、IOC国際オリンピック委員会本部があることでも有名です。

公用語はフランス語(スイス・ロマンド)で、ドイツ語・イタリア語は殆ど通用しませんが、駅やホテルでは英語が良く通じます。

ローザンヌへのアクセス・交通

ローザンヌには空港はなく、鉄道を使って入るのが一般的です。

また、レマン湖の対岸にあるフランスの町、トノン(Thonon-Les-Bains)、エヴィアン・レ・バン(Évian-les-Bains)とローザンヌは船が1日数便運行されているので、これを使って入ることも可能です。

最寄りの空港はジュネーブ・コワントラン空港です。

日本から直接ローザンヌへ行く場合はまずジュネーブ空港へ飛び、列車でジュネーブ空港駅からローザンヌまで直通のIC・IRを利用するのが最速。

ローザンヌ駅
Gare CFF de Lausanne

ローザンヌの街は丘の上の旧市街と湖沿いの新市街に分けることができ、スイス国鉄ローザンヌ駅はそのちょうど中間に位置しています。

駅そのものは全体をいくつもの鉄柱で支えられた屋根が覆う重厚な雰囲気の通過式駅。旅行者向け設備もひと通り揃っていて、構内に中央郵便局の建物が同居しています。

駅舎の地下には地下鉄(ローザンヌ・メトロ)のLausanne-Gare駅があります。

スイス国鉄の幹線が分岐する駅でもあるため、利用できる列車の本数や行き先が多いので便利。特にジュネーブ、ベルン、チューリッヒ、モントルー、シオン方面の列車は多く、パリ・リヨン駅直通のTGV Lyriaも発着しています。

各地からの所要時間は最速で、ジュネーブ(コルナヴァン駅)33分、チューリッヒ中央駅2時間8分、ベルン1時間6分、バーゼルSBB駅2時間8分、ミラノ中央駅3時間15分、パリ・リヨン駅3時間41分(スイス国内はいずれも乗り換えなしのIC/ICN利用、ミラノ中央駅は旧チザルピーノのEC、パリはTGV Lyriaをそれぞれ利用した場合)。

ローザンヌの市内交通

ローザンヌ・メトロ

ローザンヌの市内交通はローザンヌ地域交通局(通称TL / Transports publics de la region Lausanne)が運行する地下鉄とバスが主。

地下鉄のローザンヌ・メトロ(Métro de Lausanne)はスイスで唯一の、純粋な市内交通としての地下鉄路線。M1とM2の2路線があり、特に観光に便利なのは湖畔のウシー(Ouchy)と旧市街経由で丘陵地帯の上にあるクロワゼット(Croisettes)を結ぶM2線。

料金は地下鉄・バス共通のゾーン制・時間制の併用で、チケットは駅・停留所の自動販売機、「Point de Vente」のステッカーのある窓口で購入可能。

レマン湖の湖船はCGN(Compagnie générale de navigation sur le lac Léman)による運行で、チケットはローザンヌ及びヴォー州の公共交通機関とは別なので注意。

主なチケット・パス類

チケット・パスの種類 有効期間 有効範囲 料金
Billet Zonal
1 Zone
1時間 出発地のゾーン内のみ有効 CHF3.00
Billet Zonal
2 Zones
1時間 出発地のゾーン+もう1ゾーン CHF3.70
Carte Journalière
1 Zone
有効化以降翌日朝5時まで 出発地のゾーン内のみ有効 CHF8.60

ローザンヌを含むヴォー州全体では、バス・トラム等の公共交通機関とスイス国鉄の料金が統一されています。このネットワークは「モビリス mobilis」といい、停留所や券売機のゾーンマップなどにロゴが掲示されています。

利用時に有効なスイストラベルパス、当日の日付記入済みのスイストラベルパスフレックス、トランスファーチケットがある場合は始発〜終発までフリーパス。有効なハーフフェアカードは割引適用(Le prix réduit)になりますが、半額ではなく割引なので注意。

ノートルダム大聖堂
Cathédrale protestante Notre-Dame de Lausanne

ローザンヌ旧市街の中心にある、尖塔と鐘楼がシンボルのプロテスタント教会。

完成したのは13世紀のことで、1874年にヴィオレ・ル・デュクによって改築されました。

鐘楼は上に階段で登ることができ、CHF2.00。ローザンヌ市街地とレマン湖、フランスアルプスが一望できます。

オリンピック博物館
Musée olympique

レマン湖沿いのウシー(Ouchy)地区にあり、国際オリンピック委員会がローザンヌに本部を置いていることから1993年にオリンピックの意義や歴史を総合的に伝える博物館としてオープン。

近代オリンピックのメダルや競技用具、聖火リレーのトーチ、大会ポスターなどが各大会ごとに展示され、ハイライト映像なども流されています。

アクセスはメトロm2の終点ウシー駅からレマン湖沿いを東へ徒歩10分弱。

ローザンヌ国際バレエコンクール
Prix de Lausanne

ローザンヌ国際バレエコンクール

Prix de Lausanne

毎年1月〜2月にローザンヌのボーリュ劇場(Théâtre de Beaulieu)で最終審査が行われる世界的権威のあるバレエコンクール

世界中から15歳〜18歳の有望な若手バレエダンサーが集う、いわば登竜門的な大会です。日本からも参加者が多く、毎年好成績を収めていることでも有名です。

入場券はCHF10.00程度と格安。