ベルニナ急行で世界遺産の絶景を楽しむ列車の旅

BERNINA EXPRESS

ベルニナ急行(Bernina Express)って?

ラーゴビアンコとベルニナ急行

ベルニナ急行は氷河急行、ゴールデンパスなどと並ぶスイスを代表する観光列車のひとつです。

運行区間はスイスの東端にあたるグラウビュンデン州のいわゆるエンガディン地方で、サンモリッツ・クールとイタリア領ティラノの間で運行されています。全区間がレーティッシュ鉄道(RhB)の路線でもあるため、全く同じ区間を走るローカル列車も多く、氷河急行よりも途中下車がしやすいのもの魅力のひとつ。

2008年にはこの区間の大半が「レーティシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観」としてユネスコ世界遺産にも登録されました。

世界遺産の鉄道路線!ベルニナ急行の魅力とルート

ベルニナのルートと標高
ランドヴァッサー橋

世界遺産の一部に登録されているランドヴァッサー橋を走行するベルニナ急行

ブルージオのループ橋

ブルージオのループ橋を登っていくベルニナ急行

ベルニナ急行バス

ティラノ〜ルガノ間を走るベルニナ急行バス

Glacier Express, Rhätische Bahn AG

クール〜サンモリッツ間(レーティッシュ鉄道アルブラ線)は氷河急行と路線が重複しているので、ベルニナ急行のオリジナル路線はサンモリッツ〜ティラノ間(レーティッシュ鉄道ベルニナ線)。サンモリッツ〜ティラノ間の所要時間は2時間ちょっとなので、サンモリッツやクールからの日帰りも十分可能です。

サンモリッツを出発して、静かなリゾート地ポントレジーナ(Pontresina)、ダイナミックな氷河とベルニナ・アルプスが眺められる展望台への拠点ベルニナ・ディアヴォレッツァ(Bernina Diavolezza)、ハイキングの拠点モルテラッチュ(Morteratsch)を経ていよいよベルニナの山岳地帯へ入ります。

やがて青白い水をたたえたラーゴ・ビアンコ(Lago Bianco)とカンブレナ氷河が右手に見えると、列車はオスピツィオ・ベルニナ(Ospizio Bernina)に到着します。ここは標高は2,253m、ベルニナ急行の路線内で最も標高の高い地点です。ここを過ぎると高度を徐々に下げ始め、大きくカーブをしながら進んでいきます。

だんだんと岩肌ばかりの景色が森に変わってくると左手にサンモリッツ以来の大きな街ポスキアーヴォ(Poschiavo)に到着、ここはもう言語も文化もイタリア圏。ポスキアーヴォを過ぎるとミララーゴ(Miralago)、ブルージオ(Brusio)と過ぎていき、ベルニナ急行沿線最後の見所である「ブルージオのオープンループ橋 Viadotto di Brusio」へ。2008年の「大分麦焼酎いいちこ」のTVCMでもお馴染みになったこの景観は必見。

スイス領内最後の駅カンポコニョーロ(Campocognolo)を過ぎ、ティラノの街を路面電車のように横切ると、終着駅ティラノ。

実はティラノの駅の約3キロ手前で国境を越えているので、ここはイタリア・ロンバルディア州。パスポートチェックが行われることは稀ですが、必ずパスポートはコピーではなく原本を持参するようにしてください(イタリアでは外国人のパスポート携帯義務があるので、厳密には持っていないと不法入国&滞在扱いになります)。

ティラノ駅を出ると右側にイタリア国鉄(Trenitalia)のティラノ駅があり、ここからミラノ中央駅までは2時間半ほど。

夏季はティラノ駅前からスイス国鉄ルガノ駅まで、ベルニナ急行バス(Bernina Express Bus 要予約)の運行もあります。ティラノからコモ湖沿いのグラヴェドーナ、ドンゴ、メナッジョといった町を経由してルガノへ至る路線で所要時間3時間ほど。バスでしか行けない景色の美しいルートなので、時期的に利用できる場合はぜひオススメです。

ベルニナ急行 運行時刻表(2017年12月10日〜2018年12月8日有効)

クール・ダヴォス・サンモリッツ → ティラノ(南行き)
BEX973
(※1)
BEX951
(※2)
BEX961
(※3)
BEX975
(※4)
クール発
CHUR Dep
** 8:32 ** **
ダヴォス・プラッツ発
DAVOS PLATZ Dep
** || 9:53 **
サンモリッツ発
ST.MORITZ Dep
9:39 || || 15:12
ポントレジーナ発
PONTRESINA Dep
9:52 || 11:17 15:21
アルプ・グリュム着
ALP GRÜM Arr
10:30 11:00 11:59 16:00
ティラノ着
TIRANO Arr
12:00 12:49 13:33 17:32
ティラノルガノ
(ベルニナ急行バス)
14:20

17:30
14:20

17:30
14:20

17:30
**
ティラノミラノ中央駅
(イタリア国鉄)
12:08

14:40
13:08

15:40
15:08

17:40
18:08

20:40

※1:2018年5月10日〜2018年10月28日の間毎日運行
※2:2017年12月10日〜2018年12月8日の間毎日運行
※3:2018年5月10日〜2018年10月28日の間毎日運行
※4:2017年12月26日〜2018年12月8日の間で次の期間を除き運行(12月10日〜12月25日、1月8日〜3月30日、4月3日〜4月24日、10月29日〜10月31日、11月4日〜11月6日の各期間は運休)
※ベルニナ急行バス(ティラノ→ルガノ)運行日:2月15日〜4月1日の間の木曜から日曜まで、4月2日〜10月28日までの毎日、11月1日〜11月25日の間の木曜から日曜まで、それ以外は運休

ティラノ → サンモリッツ・ダヴォス・クール(北行き)
BEX976
(※1)
BEX974
(※2)
BEX950
(※3)
BEX960
(※4)
ミラノ中央駅ティラノ
(イタリア国鉄)
7:20

9:52
10:20

12:52
10:20

12:52
12:20

14:52
ルガノティラノ
(ベルニナ急行バス)
** 10:00

13:00
10:00

13:00
10:00

13:00
ティラノ発
TIRANO Dep
10:06 14:06 14:25 15:15
アルプ・グリュム発
ALP GRÜM Dep
11:27 15:24 15:44 16:32
ポントレジーナ着
PONTRESINA Arr
12:25 16:02 16:16 17:19
サンモリッツ着
ST.MORITZ Arr
12:37 16:20 || ||
ダヴォス・プラッツ着
DAVOS PLATZ Arr
** ** || 18:48
クール着
CHUR Arr
** ** 18:20 **

※1:2017年12月26日〜2018年12月8日の間で次の期間を除き運行(12月10日〜12月25日、1月8日〜3月30日、4月3日〜4月24日、10月29日〜10月31日、11月4日〜11月6日の各期間は運休)
※2:2018年5月10日〜2018年10月28日の間毎日運行
※3:2017年12月10日〜2018年12月8日の間毎日運行
※4:2018年5月10日〜2018年10月28日の間毎日運行
※ベルニナ急行バス(ルガノ→ティラノ)運行日:2月15日〜4月1日の間の木曜から日曜まで、4月2日〜10月28日までの毎日、11月1日〜11月25日の間の木曜から日曜まで、それ以外は運休

ベルニナ急行座席指定スイス国内〜ティラノ間

¥5,500
  • 有効な乗車券またはパスが別途必要です
  • 1等・2等のいずれかをお選びいただけます
  • 座席のポジション・属性のリクエスト可能

ベルニナ急行座席指定+ベルニナ急行バス座席指定

¥9,500
  • 有効な乗車券またはパスが別途必要です
  • 1等・2等のいずれかをお選びいただけます
  • 座席のポジション・属性のリクエスト可能

ベルニナ急行座席指定+ティラノ〜ミラノ中央駅乗車券

¥7,800
  • 有効な乗車券またはパスが別途必要です
  • 1等・2等のいずれかをお選びいただけます
  • 座席のポジション・属性のリクエスト可能
氷河急行の利用についての注意事項
  • 座席指定が必要です。座席指定無しでの乗車は出来ません。
  • 座席指定料金は区間の長さに関係なく一律となります。
  • 乗車日に有効なスイストラベルパスまたはトラベルパスフレックスがあれば座席指定料金のみで利用可能です。
  • スイストランスファーチケットはクール・ダヴォス・サンモリッツ〜ティラノ間で有効ですが、ティラノ〜ルガノ間は適用外です。
  • スイスファミリーカードをご利用の15歳以下のお子様も座席指定は必要です。
  • スイス国内で有効なユーレイルパス各種をお持ちの場合でも乗車券部分はカバーされますが、座席指定に別途パス用料金が掛かります。
  • 座席指定は乗車日90日前から可能です。乗車日が7月〜9月にあたる場合は特にお早めにお申込みください。