チューリッヒ・ルツェルン・ベルン・バーゼル 8日間

ZURICH LUZERN BERN BASEL 8DAYS

このプランについて

スイスのドイツ語圏の中心都市を巡る8日間のモデルプランです。

それぞれの町はもちろんですが、各地から日帰りできる場所も多くあります。例えば、チューリッヒからはシャフハウゼンやザンクトガレン、ルツェルンからはリギ、ピラトゥスなどの展望台、ベルンからはユングフラウ地方、バーゼルからはフランスのストラスブール、ミュールーズなど。気になる場所ではモデルプランよりも1〜2泊増やして滞在するのもオススメ。

ルツェルンからベルンへの移動ではゴールデンパスの東側部分(ルツェルン〜シュピーツ間)を通り、フィーアヴァルトシュテッテ湖やブリエンツ湖の美しい風景を見ながら移動できます。

予算は?
¥265,000〜¥320,000 ¥210,000〜¥255,000 平均(2017年):¥287,000

※予約時のフライト空席状況、ホテルのグレードの設定によっても大きく左右されます。
※2名様でのご旅行、宿泊は2名1部屋利用の場合を基準にしたもので、1名様でのご旅行の場合は割高になります。

時期は?

都市部での滞在は1年中いつでもOK!スイスの都市部は積雪することもほとんどないので、日本の冬と同じ感覚で問題ありません。夏は湿度は低いものの日差しが厳しいので意外と体力を使います。

利用する鉄道路線・乗換
  • チューリッヒ空港駅〜チューリッヒ中央駅
  • チューリッヒ中央駅〜ルツェルン
  • ルツェルン〜インターラーケン・オスト(ゴールデンパス)
  • インターラーケン・オスト〜ベルン
  • ベルン〜バーゼルSBB駅
  • バーゼルSBB駅〜チューリッヒ空港駅
見どころリスト
主な見どころ
  • 各都市の旧市街
  • フィーアヴァルトシュテッテ湖(ルツェルン)
  • ゴールデンパス東側部分(ルツェルン〜シュピーツ)
  • シャフハウゼン、ザンクトガレンなどへの日帰り(チューリッヒ)
  • リギ、ピラトゥス、ブリエンツ・ロートホルンなどへの日帰り(ルツェルン)
  • グリンデルワルト、ユングフラウヨッホなどへの日帰り(ベルン)
  • ストラスブール、ミュールーズなどへの日帰り(バーゼル)
世界遺産
  • 「ベルン旧市街」
日数 旅行スケジュール 宿泊地
DAY
1

日本からのフライトで、チューリッヒへ

ポイント
SWISS(LX)直行便や、羽田発着が可能なANA、ルフトハンザ航空のドイツ経由便の利用がオススメです。

列車でチューリッヒ空港駅からチューリッヒ中央駅へ(乗換なし・約10分)

チューリッヒ

DAY
2

チューリッヒ滞在

オススメの過ごし方
チューリッヒ市内の主な見どころを散策しながら観光。大聖堂、聖母教会などの歴史的建造物ももちろんですが、特にアート好きにはチューリッヒはたまらない場所。チューリッヒ美術館、リートベルク美術館、スイス国立博物館、ベイヤー時計博物館、おもちゃ博物館など数々の美術館・博物館があります。
また、チューリッヒ動物園は世界最先端とも言われる動物園で、それぞれに動物に合わせて作り上げた環境と、間近で動物にふれあえる距離が魅力。

チューリッヒ
DAY
3

列車でチューリッヒ中央駅からルツェルンへ(乗換なし・約45分)

ルツェルン滞在

オススメの過ごし方
ルツェルンの町は半日〜1日で概ね見て回れます。見逃せないのは世界最古の木造橋・カペル橋、氷河公園など。時間があればスイス交通博物館もオススメ!

ルツェルン
DAY
4

ルツェルン滞在

オススメの過ごし方
ルツェルンから日帰りで行ける展望台、リギかピラトゥスどちらかへ。どちらも登山鉄道で山頂をを目指す展望台ですが、ピラトゥスは世界最大勾配の斜面を行く鉄道として有名です。山歩きを楽しむなら歩きやすいリギがオススメ。

午後〜夕方:ゴールデンパスを通る列車でルツェルンからベルンへ(乗換1回・約2時間45分)

ベルン
DAY
5

ベルン滞在

オススメの過ごし方
ベルンの町は非常にコンパクトなので徒歩で散策可能。まずは旧市街を歩き、午後からはアーレ川を渡って町のシンボルでもあるクマ公園、市街地が一望できるバラ公園へ。

ベルン
DAY
6

列車でベルンからバーゼルSBB駅へ(乗換なし・約1時間)

バーゼル滞在

オススメの過ごし方
スイス・ドイツ・フランスの3ヶ国の国境が接するバーゼルの町を散策。大聖堂を中心とした旧市街の散策や、市立美術館、バイエラー財団美術館、シャウラガーなどの美術館・博物館巡り、フランスに少し足を伸ばしてコルビュジェの傑作建築「ロンシャンの礼拝堂」を訪ねるのもオススメ。

バーゼル
DAY
7

列車でバーゼルSBB駅からチューリッヒ空港駅へ(乗換0〜1回・約1時間10〜30分)

チューリッヒ・クローテン国際空港から帰国の途へ

ポイント
ルフトハンザ航空/ANAのドイツ経由パターン(羽田着)を利用すると、チューリッヒへの移動は午後でOK!行きがSWISS便でも組み合わせ可能です。

機内泊
DAY
8

帰国着

**
スイスツアーズでご予約・お申込みいただくと... Special privileges
  • 移動する行程全区間の乗換時刻表(日本語訳付き)を差し上げます
  • 24時間サポート(LINE/電話/メール)