ジュネーブとレマン湖でゆっくり滞在 6日間

GENEVE AND LAC LEMAN 6DAYS

このプランについて

全行程ジュネーブに滞在しながら、日帰りで行ける範囲に絞って周遊するプランです。

国連ヨーロッパ本部などがある国際都市ジュネーブを拠点に、ローザンヌ、ラヴォー地区、ヴヴェイ、モントルーなどレマン湖周辺をじっくり日帰りで訪ねるのに最適。

少し足を伸ばせばフランス領シャモニーへも日帰り可能で、エギーユ・デュ・ミディ展望台からモンブランを間近に眺めることも可能。

予算は?
¥195,000〜¥245,000 ¥167,000〜¥228,000 平均(2017年):¥238,000

※予約時のフライト空席状況、ホテルのグレードの設定によっても大きく左右されます。
※2名様でのご旅行、宿泊は2名1部屋利用の場合を基準にしたもので、1名様でのご旅行の場合は割高になります。

時期は?

都市部での滞在は1年中いつでもOK!スイスの都市部は積雪することもほとんどないので、日本の冬と同じ感覚で問題ありません。夏は湿度は低いものの日差しが厳しいので意外と体力を使います。

利用する鉄道路線・乗換
  • ジュネーブ空港駅〜ジュネーブ
  • ジュネーブ〜ローザンヌ〜モントルー(往復)
見どころリスト
主な見どころ
  • レマン湖
  • ジュネーブ市街地
  • ローザンヌ市街地
  • モントルー&ヴヴェイ(ローザンヌから日帰り)
  • ラヴォー地区(ローザンヌから日帰り・世界遺産)
  • シャモニー・モンブラン、エギーユ・デュ・ミディ展望台(フランス)
世界遺産
  • 「ラヴォーのブドウ段々畑」
日数 旅行スケジュール 宿泊地
DAY
1

日本からのフライトで、ジュネーブへ

ポイント
ジュネーブへは日本から直行便が無いため最低1ヶ所で乗換が必要です。SWISS(成田〜チューリッヒ経由)、ANA・ルフトハンザ航空(成田・関空・中部〜ドイツ経由)、エミレーツ航空(成田・羽田・関空〜ドバイ経由)など選択肢は豊富です。予算や最終日の出発時間などを加味してフライトを選ぶことが可能。

列車でジュネーブ空港駅からジュネーブへ(乗換なし・約10分)

ジュネーブ

DAY
2

ジュネーブ滞在

オススメの過ごし方
ホテルにチェックインすると「GENEVA TRANSPORT CARD」がもらえます。これがあれば市内のバスやトラムがすべてフリーパスになるので有効に利用しましょう。コルナヴァン駅周辺から旧市街(サンピエール大聖堂周辺)や大噴水あたりは徒歩でも問題なく歩けますが、国連ヨーロッパ本部、赤十字博物館などへはバスが便利。

ジュネーブ
DAY
3

ジュネーブから日帰りでレマン湖周辺各地へ

オススメの過ごし方
ニヨン・ローザンヌ・ヴヴェイ・モントルーなどレマン湖沿いで気になる場所へ
レマン湖を横断する船もあるので、湖の上から眺めてみるのも◎!ラヴォー地区のぶどう畑(世界遺産)もキレイに眺めることができます。

ジュネーブ
DAY
4

ジュネーブから日帰りでレマン湖周辺各地へ

オススメの過ごし方
前日の続きでふたたびレマン湖沿いの町や村へ、もしくはフランス領シャモニーへのエクスカーションもオススメです。エギーユ・デュ・ミディ展望台に登るとモンブランを間近に眺めることができます(モンブラン通りにあるバスターミナル発着の日本語ツアーもあり)。
最終日のおみやげ探しはコルナヴァン駅周辺のモンブラン通りや、サンピエール大聖堂近くのローヌ通りなどがオススメです

ジュネーブ
DAY
5

列車でジュネーブ(コルナヴァン駅)からジュネーブ空港駅へ(乗換なし・約10分)

ジュネーブ・コアントラン国際空港から帰国の途へ

ポイント
ルフトハンザ航空/ANAのドイツ経由パターン(羽田着)を利用すると、チューリッヒへの移動は午後でOK!行きがSWISS便でも組み合わせ可能です。

機内泊
DAY
6

帰国着

**
スイスツアーズでご予約・お申込みいただくと... Special privileges
  • 移動する行程全区間の乗換時刻表(日本語訳付き)を差し上げます
  • 24時間サポート(LINE/電話/メール)