氷河急行とベルニナ急行で巡るツェルマット・サンモリッツ・ミラノ 8日間

ZERMATT ST.MORITZ MILANO 8DAYS

このプランについて

スイスを代表する観光列車「氷河急行 Glacier Express」と「ベルニナ急行 Bernina Express」に乗って、ツェルマットとサンモリッツ、さらにはイタリア・ミラノを巡ります。

ツェルマットでは雄大なマッターホルンを眺め、世界的高級リゾートのサンモリッツでは湖と山に囲まれた村でゆっくりとした時間を過ごし、ミラノで芸術とショッピングを楽し、む、少し贅沢に楽しみたい方にオススメのプランです。

M.Prinke Yosuke Hori

予算は?
¥330,000〜¥400,000 ¥267,000〜¥325,000 平均(2017年):¥358,000

※予約時のフライト空席状況、ホテルのグレードの設定によっても大きく左右されます。
※2名様でのご旅行、宿泊は2名1部屋利用の場合を基準にしたもので、1名様でのご旅行の場合は割高になります。

時期は?

基本的には1年中いつでもお楽しみいただけるご旅行です。10月〜11月の一部期間は氷河急行が運休するため注意が必要です。ベルニナ急行は10月〜5月の間の冬季は運休か間引き運転となりますが、サンモリッツ〜ティラノ間は通常の列車も運行しているので、移動そのものは可能です。

旅行費用が最も安くなるのは10月〜12月中旬、1月中旬〜3月ですが、登山鉄道や展望台が各地すべて開いているのは6月〜9月です。

利用する鉄道路線・乗換
  • チューリッヒ空港駅〜ブリーク(フィスプ)
  • ブリーク(フィスプ)〜ツェルマット
  • ツェルマット〜サンモリッツ(氷河急行)
  • サンモリッツ〜ティラノ(ベルニナ急行)
  • ティラノ〜ミラノ中央駅(イタリア国鉄)
見どころリスト
展望台
  • ゴルナーグラート
  • マッターホルン・グレイシャーパラダイス
  • スネガ・ロートホルン
  • ピッツ・ナイル
  • ディアヴォレッツァ
  • ミラノ市街地
世界遺産
  • 「レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観」
  • 「レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドメニコ会修道院(イタリア・ミラノ)」
日数 旅行スケジュール 宿泊地
DAY
1

日本からのフライトで、チューリッヒへ

ポイント
SWISS(LX)直行便や、羽田発着が可能なANA、ルフトハンザ航空のドイツ経由便の利用がオススメです。

列車でチューリッヒ空港駅からツェルマットへ(乗換1回・約3時間)

ツェルマット

DAY
2

ツェルマット滞在

オススメの過ごし方
早起きできれば是非朝焼けマッターホルンをホテルの部屋、もしくは外から眺めてみましょう。外から見る場合はキルヒ通りの橋の上から綺麗に見えますが、かなり日本人で混雑します。その後はゴルナーグラート鉄道でゴルナーグラートへ。氷河とマッターホルンの織りなす風景をお楽しみください。
午後はスネガやライゼー周辺で軽く山歩き、逆さマッターホルンなどを見に行ってみましょう。もしくはゴンドラを乗り継いでクライン・マッターホルン(グレイシャーパラダイス)へ。運が良ければモンブランまで見渡せますが、高山病に注意。

ツェルマット
DAY
3

氷河急行(Glacier Express)に乗車

氷河急行に乗車してツェルマットからサンモリッツへ(約8時間)。

ポイント
乗車時間が長くなりますので車内でのランチ(コースメニュー・要事前予約)の追加をオススメします。アルプスの山々、草原、峠、スイスらしい風景をじっくりとお楽しみください。

サンモリッツ
DAY
4

サンモリッツ滞在

スイス東部・ベルニナアルプスを満喫

ポイント
夏は避暑地、冬はスキーリゾートとなるサンモリッツの散策や、バスでさらに奥のシルスなどへの日帰りがオススメ。冬は湖が凍結して広大なグラウンドのようになり、名物の氷上競馬も開催されます。

サンモリッツ
DAY
5

ベルニナ急行(Bernina Express)に乗車

ベルニナ急行に乗車してサンモリッツからティラノへ(約2時間30分)、到着したら隣接しているイタリア国鉄のティラノ駅へ

ポイント
氷河急行と並ぶスイスを代表する観光列車「ベルニナ急行」でベルニナ・アルプスの風景、白い湖ラーゴ・ビアンコ、ブルージオのループ橋などの車窓をお楽しみください。イタリア領ティラノに到着したらバスに乗り換えて、ルガノへ向かいます。

イタリア国鉄のローカル列車でティラノからミラノ中央駅へ(乗換なし・約2時間30分)

ミラノ
DAY
6

ミラノ滞在

オススメの過ごし方
ミラノの市街地は広いので地下鉄やトラムを使いこなせるとより便利。まずはドゥオーモ(大聖堂)まで行くとヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガレリアやスフォルツェスコ城などを徒歩で周ることができます。
半日〜1日の日本語ガイドや、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の「最後の晩餐」入場予約も手配可能です。

ミラノ
DAY
7

列車でミラノ中央駅からミラノ・マルペンサ空港へ(乗換なし・約1時間)
もしくはバス・タクシーでミラノ・リナーテ空港へ(約20〜30分)

ミラノ・マルペンサ空港もしくはリナーテ空港から帰国の途へ

ポイント
利用する航空会社、経由地によって利用空港が異なります。マルペンサ空港は郊外にあるため市内を早めに出発することをオススメします。リナーテ空港は中心部から近いですが鉄道駅が無いため、バスかタクシーでのアクセスに限られます。

機内泊
DAY
8

帰国着

**
スイスツアーズでご予約・お申込みいただくと... Special privileges
  • 移動する行程全区間の乗換時刻表(日本語訳付き)を差し上げます
  • ツェルマットのホテルは極力マッターホルンビューでご案内いたします
  • 24時間サポート(LINE/電話/メール)