ベルン・グリンデルワルト・ツェルマット 7日間

BERN GRINDELWALD ZERMATT 7DAYS

このプランについて

街並みが世界遺産に登録されているベルン、アイガー・ユングフラウ・メンヒに代表されるユングフラウ地方の山々を望むグリンデルワルト、そしてマッターホルンを望むツェルマットに滞在するプランです。

Yosuke Hori

予算は?
¥270,000〜¥350,000 ¥220,000〜¥318,000 平均(2017年):¥292,000

※予約時のフライト空席状況、ホテルのグレードの設定によっても大きく左右されます。
※2名様でのご旅行、宿泊は2名1部屋利用の場合を基準にしたもので、1名様でのご旅行の場合は割高になります。

時期は?

基本的には1年中いつでもお楽しみいただけるご旅行です。

旅行費用が最も安くなるのは10月〜12月中旬、1月中旬〜3月ですが、登山鉄道や展望台が各地すべて開いているのは6月〜9月です。

利用する鉄道路線・乗換
  • チューリッヒ空港駅〜ベルン
  • ベルン〜インターラーケン・オスト
  • インターラーケン・オスト〜グリンデルワルト
  • インターラーケン・オスト〜シュピーツ
  • シュピーツ〜ブリーク(フィスプ)
  • ブリーク(フィスプ)〜ツェルマット
  • ブリーク(フィスプ)〜チューリッヒ空港駅
見どころリスト
展望台
  • ユングフラウヨッホ
  • メンリッヒェン
  • フィルスト
  • ゴルナーグラート
  • マッターホルン・グレイシャーパラダイス
  • スネガ・ロートホルン
世界遺産
  • 「ベルン旧市街」
  • 「ユングフラウ、アレッチ、ビーチホルン地域」
日数 旅行スケジュール 宿泊地
DAY
1

日本からのフライトで、チューリッヒへ

ポイント
SWISS(LX)直行便や、羽田発着が可能なANA、ルフトハンザ航空のドイツ経由便の利用がオススメです。

列車でチューリッヒ空港駅からベルンへ(乗換0〜1回・約1時間〜1時間20分)

ベルン

DAY
2

ベルン滞在
首都ながら小さく美しい世界遺産の町を散策

オススメの過ごし方
午前〜夕方:ベルンの町は非常にコンパクトなので徒歩で散策可能。まずは旧市街を歩き、午後からはアーレ川を渡って町のシンボルでもあるクマ公園、市街地が一望できるバラ公園へ。

夕方〜夜:列車でベルンからグリンデルワルトへ(乗換1回・約1時間30分)

グリンデルワルト
DAY
3

グリンデルワルト滞在
ベルナー・オーバーラントの山々を満喫

オススメの過ごし方
早朝〜午前:クライネシャイデック経由でユングフラウヨッホへ
ユングフラウ鉄道の旅と、アイガー・メンヒ・ユングフラウなどの美しい山々、雄大な氷河などをお楽しみください!

グリンデルワルト
DAY
4

パターン1: グリンデルワルト滞在
前日に観光できなかった場所を押さえてから移動開始

パターン2:ツェルマットに時間を割くため、早めにグリンデルワルトから移動

列車でグリンデルワルトからツェルマットへ(乗換3回・約3時間)

移動のヒント
グリンデルワルトとツェルマット、どちらに時間を多く取るかは悩ましいところですが、例えばもしグリンデルワルトでこの日天気が悪ければ早々に移動してしまうという選択肢もあります。
スイスでは列車の移動は予約も必要ないので、お渡ししている時刻表を見ながらその時の判断でご自由に移動していただけます。

ツェルマット
DAY
5

ツェルマット滞在

オススメの過ごし方
早起きできれば是非朝焼けマッターホルンをホテルの部屋、もしくは外から眺めてみましょう。外から見る場合はキルヒ通りの橋の上から綺麗に見えますが、かなり日本人で混雑します。その後はゴルナーグラート鉄道でゴルナーグラートへ。氷河とマッターホルンの織りなす風景をお楽しみください。

ツェルマット
DAY
6

列車でツェルマットからチューリッヒ空港駅へ(乗換1回・約3時間分)

チューリッヒ・クローテン国際空港から帰国の途へ

ポイント
ルフトハンザ航空/ANAのドイツ経由パターン(羽田着)を利用すると、チューリッヒへの移動は午後でOK!行きがSWISS便でも組み合わせ可能です。

機内泊
DAY
7

帰国着

**
スイスツアーズでご予約・お申込みいただくと... Special privileges
  • 移動する行程全区間の乗換時刻表(日本語訳付き)を差し上げます
  • ツェルマットのホテルは極力マッターホルンビューでご案内いたします
  • 24時間サポート(LINE/電話/メール)